有酸素運動で効果を出すためのポイント2選



¡Hola!ビーレジェンド松永です。

今回はダイエットで取り入れている方も多い、有酸素運動で効果を出すためのポイント2選をお届けします!

目次

  • 心拍数が120~130回/分前後となるペースで行う
  • 空腹時に実施する
  • まとめ

心拍数が120~130回/分前後となるペースで行う

有酸素運動で効果を出すには、心拍数が120~130回/分前後となるペースで行うと効果的です。
実は有酸素運動と言っても、ダイエットに効果的なペースとそうでないペースが存在します。例えばウォーキングをする際、散歩程度の速さで実施するよりは少し息が切れるくらいのペースの方が、消費するカロリーがその分増えるという点で効果はあります。一方で、全速力のような速すぎるペースでは、身体は体内の糖質から主にエネルギーを利用するため、逆に脂肪が燃えにくい状況になってしまいます。つまり、遅すぎても速すぎても脂肪は燃えにくいため、その中間を狙うイメージが大切です。
ご自身の運動経験によっても異なりますが、おおよそ1分間の心拍数が120~130回前後となるペースで行うと良いと言われております。最近はスマートウォッチやトレッドミルに脈拍を計測できる機器が搭載されている場合もありますので、ぜひ活用してみてください。

空腹時に実施する

有酸素運動で効果を出すためのもう一つのポイントは、空腹時に実施することです。
その理由ですが脂肪が良く燃えるのはカタボリックな状態のとき、つまり体内のエネルギーが少なくなっている時です。もっとわかりやすく言うと、空腹のときです。ご存じの方もいるかもしれませんが、身体は体内にエネルギーが余っていればアナボリック(筋肉と脂肪が増える作用)が強まり、逆にエネルギーが不足していると前述したカタボリックが強まり、筋肉と脂肪が減る作用が強まると言われております。そのため、空腹時に有酸素運動をした方が、カタボリックな状況も相まって脂肪が燃える可能性が高いです。極端に空腹すぎると低血糖やそのほかの健康被害の危険性も当然ありますので、そのあたりはご注意ください。
ちなみに私のおすすめは起床直後です。就寝時は身体にエネルギーが供給されておらず、結果として空腹状態になることが多いです。そこで朝食の前に有酸素運動をすると効果的かと思います。また、運動前、運動中のサポートにビーレジェンド EAA を活用するのもおすすめです。

まとめ

  • 心拍数が120~130回/分前後となるペースで行う
  • 空腹時に実施する

いかがでしょうか。今回は有酸素運動を実施している、あるいはしようと考えている人へ向けてポイントを紹介しました。ぜひ効率よく脂肪燃焼を図るために参考にしてみてください!

では、¡Adios!

  1. エアロバイク
  2. ビーレジェンド プロテイン 広背筋 懸垂 チンニング
  3. ビーレジェンド ビタミン 効果 トレーニー
  4. 加工食品 リン 食材 摂りすぎ
  5. ビーレジェンド プロテイン 筋力 筋肥大
PAGE TOP