【歯と口の健康習慣】強い歯を作るためにプロテインに出来ること【ジュニアプロテイン】

いつもビーレジェンドプロテインを
ご愛飲頂きありがとうございます。
ビーレジェンド板垣です。

6月に入り少しずつ雨の日が増えてきて、
梅雨の気配も近づいて参りました。

この時期になると学校などで「歯と口の健康週間」を
呼び掛けられ始めている所も
多くなってきているのではないでしょうか?

6月4日~6月10日は歯と口の健康週間です。
小学校・中学校などで一度は
耳にしたこともある方もいらっしゃるのでは?

私が通っていた小学校も、この期間中は
全学年に歯磨きのスタンプカードを
配られていたなと思い出します。

(今年で30歳になりますが、今までに一度も
虫歯になったことがないことは少し自慢だったりします笑)
各地で口腔内の衛生や歯を丈夫に保つことを
意識付けする1週間が今年も始まります。

食事で歯を丈夫にするためには

―虫歯にならないためには「歯磨き」を怠らない。―
これは誰もが知っている事ですね。
では、「歯を丈夫にする食べ物や栄養素」はどんなものでしょうか?
歯と骨と聞いて「カルシウム」が最初に思い浮かぶかもしれません。
確かに体内のほとんどのカルシウムは骨や歯に存在しています。
しかし、歯にとってカルシウムだけでなく
「たんぱく質」や「ビタミン」「マグネシウム」も大事な栄養素です。
歯の土台のとなる栄養素や、カルシウムを歯に届けるための
ビタミンも歯の健康を保つ上で重要な役割を持ちます。
それぞれどんな役割を持つのか、何に含まれているか見ていきましょう。

カルシウム

歯を構成する原料となる栄養素です。
多く含む食材は牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品、
納豆などの大豆製品、小松菜、、小魚など

たんぱく質

歯の土台を作る栄養素です。
多く含まれる食材は肉類、魚類、卵、乳製品、大豆製品など
ホエイプロテインも乳製品ですよ💪

ビタミン

特にビタミンD,ビタミンKは
カルシウムの吸収・沈着に関わります。
一緒に摂ることでカルシウムの吸収効率を高めます。

ビタミンD

多く含まれる食材は、鮭などの魚類、卵、
乳製品、干ししいたけなどのきのこ類になど

ビタミンK

多く含まれる食材は納豆などの大豆製品、小松菜、
ほうれん草、豆苗などの葉野菜、わかめなどの海藻類など

マグネシウム

カルシウムの吸収を助ける栄養素です。
魚介類、玄米、海藻類やナッツ類など

カルシウムと一緒にその吸収を助ける
栄養素を摂ることで健康な歯を保つことにも繋がります。

カルシウムとたんぱく質とビタミンが効率よく摂れるビーレジェンドジュニアプロテイン

ビーレジェンドジュニアプロテインは
たんぱく質+ビタミンD・K+カルシウムが
摂れる優秀なアイテムです。
カルシウムは1食分で600mg、ビタミンDは2.2㎍、
ビタミンKは66.8㎍配合しています。

3回の食事+おやつにジュニアプロテインを摂ることで
効率の良いたんぱく質摂取とカルシウム補給を促します。

歯磨き+栄養摂取で今年は「食事」からお口の健康を見直しませんか?
勿論、美味しく飲んだ後は30分以内の歯磨きも忘れずに!

ビーレジェンドジュニアプロテインラインナップ

ビーレジェンド ジュニアプロテイン
すくすくチョコ風味

ビーレジェンド ジュニアプロテイン
のびのびいちご風味

ビーレジェンド ジュニアプロテイン
ぐんぐんグレープ風味

  1. 部活 差し入れ ゼリー飲料
PAGE TOP