お申込みは今すぐこちらをクリック

ビーレジェンドプロテインに待望の3kgの大容量パックが登場!

ビーレジェンドGENMATSU

どうして我々はビーレジェンドのポリシーを破ってまで3㎏大容量パックを販売するのか…

いつもありがとうございます。

ビーレジェンドプロテイン開発者、(株)Real Style代表取締役 鍵谷 健です。

皆様に愛され続け、ビーレジェンドは短期間でトップブランドにまで駆け上がることができました。
これは本当に皆様のおかげです。心から感謝しております。

そして、ご愛飲いただいている皆様より、毎日のように喜びのお声をメールや電話で頂戴しております。
本当にありがたい限りです。

そのようなお喜びの声と共に、色んなご要望も含まれているのですが、
それらのご要望も一つ一つ検討し、改善していけるものは即座に改善し、
すぐに対応できない事柄に対しても何とか対策はないかと日々試行錯誤を繰り返しております。

しかし、いただくご要望の中で今まで叶えることができなかった内容がございます。それは…。

多くのご要望がありながら叶えることができなかったその訳とは?

多くのご要望がありながら叶えることができなかったその訳とは?

ご要望の内容は、製品の味や溶け具合に関するものをはじめ、
パッケージやパッケージデザインに対するご要望、配送や顧客対応に関するものなど本当に様々です。

弊社のポリシーであえて現状の選択をしているものに関しては、
ご理解いただけるまでお客様にご説明を差し上げ、
改善すべきと判断したものに関しては真摯に向き合い即座に改善してきました。

それでも企業努力が足りず、今もなお改善に至っていないものも残っておりますが、
日々何とかしようと努力しております。

そんな中、「どうしてもお応えできなかったご要望」が1つございました。
それは 3㎏の大容量パックを作ってほしい」というものでした。

「他社でも作ってるんだから、普通に作ればいいじゃないか」と思われるかもしれませんが、
対応してこなかったのには、いくつかの理由がありました。

衛生面の問題

プロテインは非常に栄養価が高い食品です。
それは我々人間にとってだけではなく、雑菌にとっても同じです。

経験があるかと思いますが、プロテインを袋からスプーンで取り出すときに、手にプロテインパウダーがつくことがあります。
そして、また、濡れた状態の手をプロテインの袋の中に入れることもあるでしょう。

実はこれが非常に危険なのです。

衛生面の問題

雑菌は栄養と水分、そしてある程度の温度で増殖します。
手に着いた水分と栄養価の高いプロテインそのもの、そして気温。
(夏に限らず、もちろん寒い冬でも室内なら増殖します)

これらの条件がそろうと雑菌が増殖します。

そのような理由から、ほんの1%でも雑菌が増殖する可能性のある製品を
世に出すことへの抵抗がすごく大きかったのです。

私の中では理想として、ビーレジェンドプロテインのお試しパックをその都度、飲み切っていただく。
もしくは、ビーレジェンドプロテインウォーターを飲み切るというのが最も良いと考えております。

しかし、予算も考慮すると、中々そういうわけにもいかないと思います。
パッケージ当たりの分量を減らして300gや500gなどの少量の物を作ったとしても、
大量に飲まれる方なら2、3日で飲み切ってしまいます。

そういう理由から、ビーレジェンドは1㎏パックでの販売という形態に行きついております。

理由2:大容量パックによるディスカウント

3㎏の大容量パックが欲しいという方は主にヘビーユーザーです。
月に5㎏は飲むから1㎏の袋を頻繁に開封するのが面倒だというのがその理由でした。

しかし、それだけたくさん飲まれる方は費用面でも負担が大きく、
大量に飲むからこそ安く抑えたいというニーズも感じておりました。

ビーレジェンドはそのような理由から最初から低価格で頑張っておりますが、
それでもヘビーユーザーの視点に立つと、さらに安くして欲しいと考えられるのは理解できます。

しかし、今のビーレジェンドの味付けを行うにはどうしても加工費が必要となり、費用がかさみます。
「1㎏から3㎏にすれば、袋のコストが3袋分ではなく1袋分で良いのだから安くできるだろう。」

そう思われるかもしれませんが、
3㎏の袋は1㎏の袋よりもサイズ分は高額になることは予想していただけると思います。

確かに3㎏の袋が1㎏の袋費用の3倍もする訳ではないのですが、
いくら安くなると言ってもたかが知れています。

このような理由から、正直ディスカウントも難しい、そして衛生面から見ても
お勧めしたくないという想いから、3㎏パックの製造に長い間、二の足を踏んでいました。

しかし、同様のご要望はずっと続いており、何とかできないかと考え続けました。

そこで、私は「ある約束」を破ることを決意したのです。

ポリシーを曲げてまでご要望にお応えしようとする思い

ポリシーを曲げてまでご要望にお応えしようとする思い

ビーレジェンドは「高品質」「美味しさ」「溶けやすさ」「泡立ちの少なさ」などをウリにしています。
高品質は当たり前として、味や溶けやすさ、泡立ちを抑えるには、
手前味噌ですが、想像を絶する開発と研究の時間、奇抜な工夫、そして費用が必要です。

正直、既存の製品ですら、販売をしながらも改善点を見つけ出し、
常に研究開発費と開発時間を設定し、改善を続けております。
もちろん既存の商品だけではなく、新製品の開発も行っています。

そんな中で、3㎏の大容量パックをさらに格安でご提供しようという
難問を解決しようとするのですから、正直、無理があるわけです。
アイデアマンであると自負している私ですが、正直行き詰りました。

しかし、先ほどから申し上げる通り、ご要望は次から次へと寄せられます。

皆様のお気持ちは分かるけど、できない。

どうにかしてあげたいけど、できない。

そんなジレンマに悩まされながら、あっという間に5年が経ちました。
そうです。情けない話ですが、この大容量パックの販売だけでも実は5年も悩み続けています。
本当に恥ずかしいですが、それぐらい複雑な気持ちでいました。そして今回、ある決意をしたのです。

お客様ファーストへの挑戦

お客様ファーストへの挑戦

皆様からのご要望と、弊社(私)のポリシーとの板挟みから続く葛藤。
正直、何度もグラグラしました。
いやダメだ。やはりポリシーを貫こうと行ったり来たり何度も想い悩みました。
そして、5年経った今、ふと思ったのです。

「これは私のエゴではないか?」

お客様が求めているのに、それを叶えないというのは、
ただ私のエゴを貫いているだけではないか
と思ったのです。

衛生面ではお客様の「食の安全性」を担保するために1㎏パックを守ってきました。
そして美味しくなければという想いから「味や溶けやすさ」を担保し続けてきました。
しかし、それは実は私のエゴなのではないかと振り返ったのです。

よく考えたら、皆様に喜んでいただくために取り組んでいるのに、
それを行わないのは良い事なのか?正しい選択なのか?そう自問自答しました。

そして、答えが出たのです。

エゴからの脱却。何がより良いのかを常に考え、明確に立場を取り自ら行動する

エゴからの脱却。何がより良いのかを常に考え、明確に立場を取り自ら行動する

弊社の社訓の一つに
「何がより良いのかを常に考え、明確に立場を取り自ら行動する」
というものがあります。

もちろん、日々この社訓に沿った行動に気を付けているのですが、ふと我に返ったのです。

衛生面を考慮して1㎏パックを選択しているのだが、3㎏パックだと、どれぐらいのリスクがあるのか。

安くすることを1番に考えると何か方法はないのか。

衛生面においては、全てのお客様とコミュニケーションが取れているわけではないので分かりませんが、
少なくとも私は大量摂取による乳糖不耐症でお腹がゆるくなった経験はありますが、
それ以外で体調を崩した経験はありません。

そして、開発のために、若干、雑菌が増殖しうる不衛生にした状態や、
開封から保管期間が長い状態の製品も飲んできましたが、それでも体調を崩したことはありませんでした。
※個人差がございます。また、このような飲み方は安全性に欠きますので絶対に推奨いたしません。

ひょっとしたら、個人差はあるものの、ある程度いけるのでは?

価格においても最も影響を及ぼすのが味付けの部分です。
それなら、味はいっそのこと0ではどうなのだろう。
原料をそのまま飲んだことは何度もあるのですが、正直飲めなくはない。

むしろ、弊社が選んでいる原料は世界でも最高級品のみを選んでいるので、
実は味付けなしでも意外ですが結構おいしかったりします。

(もちろんビーレジェンドの味付きと比べると超マズイですが)

味付けをせずに、泡立ちや溶けも考慮しなければ、コストは下げることが可能だと気付いたのです。
そして、何度も言うようにビーレジェンドで扱っている原料は世界でも最高級品を厳選して使っているので、
実は泡立ちの無さも、溶けの良さも、意外と合格点ではあるのです。


私のチェックが超最高級を前提にイメージしているので、原料の状態のままではOKを出していないというだけで、
原料のポテンシャルの高さは世界トップクラスです。

その証拠に品質の品評会であるモンドセレクションにおいて、
ビーレジェンドは2015年、2016年、そして2017年と3年連続最高金賞を受賞しています。
これは、世界の 第三者機関がビーレジェンドの品質を認めてくれたという事で、我々の努力を認めてくれた証拠です。

モンドセレクション画像

モンドセレクション画像


しかし、ふと我に返ってショックを受けました。

ビーレジェンドプロテインのベースとなる世界中から厳選される高品質ホエイ原料へのこだわり

ビーレジェンドプロテインのベースとなる世界中から厳選される高品質ホエイ原料へのこだわり

弊社のビーレジェンドプロテインは何度も言うように世界でも最高級の原料を扱っております。
世界中の最高級原料を企業秘密の黄金比ブレンドで、さらに良いものに仕上げています。

それなら、その原料を加工せずにそのまま飲んでもらえばよいのではないかと考えてたのです。

我々はプロテインの原料である「ホエイ」を世界各国から集めております。

大きく分けて「アメリカ」「オセアニア」「ヨーロッパ」です。

産出地域

産出地域

このような話をすると同業他社に知られてしまうので嫌なのですが、
それ以上にあなたに知って欲しいので、ぜひ聞いてください。

ホエイプロテインは大きく分けてこの3つのエリアから原料が輸入されます。
国内のプロテインは全てそうであると言っても良いでしょう。
そして、色々な力関係や大人の事情を潜り抜け、
弊社で取り扱っているプロテインは世界でも最高級グレードの物だけです。
業界の超ディープな情報なので、書いていて手に汗をかいてきました。(汗)

さて、続けます。
原則、ビーレジェンドのブレンドは「ある原則」に沿って似た配合で行っていますが、
実は条件によって若干ホエイの風味や味が変わるケースもあります。
その理由は…。

どのような理由からホエイの品質に違いが出るのか

どのような理由からホエイの品質に違いが出るのか

ホエイは牛のお乳「牛乳」からできているのは皆様ご存知かと思います。

すごく簡単に言うと、牛乳の中にある「ホエイ(乳清)」の部分をパウダーにしたものがプロテインです。
それ以外の部分は主にチーズやバターになります。

その牛乳は牛から取れるわけですが、
その元をたどれば牛が食べている物(牛の食事)によって出来上がっているわけです。

ビーレジェンドのメインで使っているホエイは「グラスフェッド」と呼ばれる
自然の牧草を食べて育った牛のお乳からできたものです。
そして、トウモロコシや牧草で育った牛のお乳からできたものをブレンドしております。

牛写真画像

牛写真画像

ホエイプロテインは先ほども申し上げました通り牛のお乳からできるわけですが、
その牧草はいつも同じ条件ではありません。

食べているものは天然のエサですから、日照時間や降雨量で芝やトウモロコシなどの育成の仕方に変化が加わり、
それを食べた牛から取れる牛乳はその影響を受け、ホエイの風味もいくらか変わるのです。
採れた時によってまろやかな風味であったり、サッパリしていたり、逆に濃厚だったりと若干の違いが生まれます。

この風味を変えないために様々な施策を行い、色々な手を加える会社もありますが、
極端な加工は自然から遠ざかってしまうので、弊社では極力自然な牛のお乳から出るホエイの風味を基本にしています。
なので、時々季節によって香りや味、粉の物性など、風味が変わることがあるのです。
(我々のポリシーの範囲で、できるだけ同じ風味に仕上げようと努力しておりますが)

先ほども申し上げた通り、100%天然牧草を食べた牛のホエイだけを扱っているわけではございません。
トウモロコシや麦、アーモンドの殻、干し草、サイレージなどの飼料を食べている牛のホエイも扱っております。
もちろん、これらの飼料で育った牛のお乳から取れるホエイの中でもベストなものを選択していますし、
日本国内ではグラスフェッド利用量はビーレジェンドが最も多いであろうと私は感じています。

そんな世界高品質原料を使った製品がビーレジェンドGENMATSU 3㎏大容量パック

そんな世界高品質原料を使った製品がビーレジェンドGENMATSU 3㎏大容量パック

まだまだ伝え足りないところもありますが、
このような理由からビーレジェンドの原料が高品質であることはご理解頂けたかと思います。

また、自然の影響を受けて風味の影響が出てきます。
なので、常にベストな品質のホエイはどれかと「アメリカ」「オセアニア」「ヨーロッパ」の3つのエリアから、その時のベストな原料を選び出しているのです。

品質の良さはご理解いただけたと思います。後、問題なのは「味」「溶け」「泡立ち」の3つです。
これらも先ほど話がありましたが、原料の品質がこれらのネガティブな要素を全てひっくり返していると感じています。

正直、現行のビーレジェンドプロテインと比較すると味も泡立ちも溶けもイマイチです。
しかし、ホエイ原料、たんぱく源としては世界でも最高クラスです。
一般的な「ナチュラル」や「プレーン」と比較していただければ、その品質をご理解いただけると思います。
そして、大量に飲んでいただけるように、お値段も可能な限り抑えました。

5年も悩んだ挙句、やっと販売にこぎつけた「ビーレジェンドGENMATSU」をこの機会に、ぜひご賞味ください。

ヘビーユーザーには特に喜んでいただけると思います。
また、添加物を気にされる健康志向の方にもお薦めです。。

弊社のスタッフたちも「GENMATSUがメインになるかも」と口々に申しております。
お財布に優しい、世界最高級ホエイプロテイン「ビーレジェンドGENMATSU」ついにデビューです。

抹茶のチャチャチャ風味_1kg_3100円

お申込みは今すぐこちらをクリック

ビーレジェンドGENMATSUはこんな人にオススメ紹介画像

ビーレジェンドGENMATSUはこんな人にオススメ紹介画像

お客様からのご質問

Q ドーピング検査対象アスリートにも安全ですか?
A 「ビーレジェンド」には、IOC、JOCが発表している、ドーピング検査の対象になる成分は、一切、含まれておりません。 ビーレジェンドのサポートアスリートは世界中で活躍しており、何度もドーピング検査を受けており、一人として違反者は出ておりません。これらの理由から、ドーピング検査対象アスリートの方々でにも、安心してご利用いただけます。
Q なぜ、こんなに安いのに、高品質なのか?
A その理由は2つあります。
1つ目の理由は、販売代理店や、お店を通さず、メーカーである当社から直接、商品をご購入いただけるからです。
つまり、販売手数料の分安くご購入いただけるのです。
2つ目の理由は、当社の主たる事業がプロテイン販売ではなく、DVD教材の制作と販売だからです。
つまり、プロテインの販売で大きな利益を見込まずとも、当社は良質な商品の開発に予算を投入することができ、かつ、低価格で「ビーレジェンド」を提供できるのです。
Q ホエイプロテインとは何ですか?
A ホエイプロテインとは乳清プロテインとも呼ばれ、 牛乳の中に含まれるホエイタンパク(乳清タンパク)という成分を抽出したものです。
このホエイは1時間から2時間で体に取り込まれるので運動直後や朝食時などにおすすめです。
また人体に必要な必須アミノ酸を全て含んでおり、 さらに運動によって失われやすいBCAAがとても豊富なので、 運動による筋肉の分解を抑え疲労を低減する効果も期待できますので トレーニングやスポーツを行われているアスリートの方にはぜひ摂取していただきたいサプリメントになります。
Q 同じノンフレーバータイプであるビーレジェンドMUTENKAとの違いは何ですか?
A ビーレジェンドMUTENKAで使用している原料はWPIで、ビーレジェンドGENMATSUで使用している原料はWPCです。
Q WPCとは
A WPCとは、原料となる乳清を特殊な方法でろ過、濃縮して作られたタイプのプロテインです。
WPC製法では、カルシウム、ビタミンといった成分がプロテイン中から損なわれませんが、体質によってはお腹を下す原因となる乳糖も残留してしまいます。
比較的安価なこともあり、日本では最もポピュラーなタイプのプロテインです。
Q WPIとの違い
A タンパク質の含有率が特に大きな違いです。WPC製法ではタンパク質含有率が約80%程なのに対し、WPI製法ではタンパク質含有率を90%前後まで高めることが出来ます。
また、WPI製法では乳糖を極限までカットすることが可能なので、体質的に乳糖が身体に合わない方(乳糖不耐症)には、WPIを推奨します。
Q 3kgで何回飲めますか?
A 一回の摂取量によりますが、当社が推奨する飲み方である付属スプーンですりきり4~5杯を一回の目安とすれば、およそ115回ご利用いただけます。
Q プロテインを飲むとお腹が痛くなります。どうしてですか?
A ホエイプロテインでお腹が痛くなるという方は、乳に含まれる乳糖を吸収・分解しきれず、お腹がゆるくなってしまう体質(乳糖不耐症)である可能性がございます。

解決法として、溶かすものを牛乳ではなく水にしていただくこと、1回で飲む分量を少量にし、飲む回数を増やしていただくことを提案いたします。 それでもお腹をゆるくなられる方には、その原因である「乳糖」を極限までカットし、 タンパク質の配合量率を高めたビーレジェンドWPIをお勧めいたします。

また、乳糖不耐症の方には、下痢を引き起こす原因である「乳糖」を極限までカットし、 たんぱく質の配合量率を高めたビーレジェンドWPIがおすすめです。
大量摂取をしても、下痢によってたんぱく質の吸収を阻害されることなく、 効果的にたんぱく質を吸収する事が可能になりました。

ビーレジェンドWPIの詳細はこちら
http://www.belegend.jp/wpi/
Q パウダーの見た目、風味が以前購入した同製品と異なります。原因は何ですか?
A ビーレジェンドGENMATSUは、常に高品質を追求しており、時期などによって変化する牛乳の質に応じて、数種類の原料をの中からベストなものを選んでおります。
この原料の違いによって、見た目、風味の違いが生じることがございます。
しかし、品質には全く問題ございませんし、その時に取れるホエイの中でベストなものを選択しております。安心してお召し上がりください。

お申込みは今すぐこちらをクリック

FAXでもご注文できます。

FAXのご注文はこちらから

  • 代金引換・各種クレジットカード使用可能
  • AM8時までのご注文は即日発送

※ ビーレジェンドシリーズのお申込みフォームは、世界でもトップレベルである「ベリサイン」社のセキュリティーシステムを利用しており、個人情報保護・セキュリティー強化のためSSL暗号化通信を採用しています。お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。

ビーレジェンドGENMATSU商品情報

商品概要

商品名 be LEGEND GENMATSU
名称 プロテインパウダー
原材料名 乳清たんぱく(乳成分を含む)/ヒマワリレシチン
内 å®¹ é‡ 3kg
メーカー 株式会社RealStyle
製    é€  国 ç”£
問 åˆ ã› TEL:0120-242-044

栄養成分表示 1食(26g)当たり

エネルギー 103.2kcal
たんぱく質 20.3g
脂質 1.7g
炭水化物 1.8g
食塩相当量 0.1g

たんぱく原料100g中のアミノ酸プロフィール

ヒスチジン 1,900mg
セリン 5,200mg
アルギニン 2,700mg
グリシン 1,900mg
アスパラギン酸 11,200mg
グルタミン酸 18,900mg
トレオニン/スレオニン 7,200mg
アラニン 5,300mg
トリプトファン 2,000mg
プロリン 6,300mg
リジン 9,600mg
チロシン 3,000mg
メチオニン 2,300mg
バリン 5,500mg
イソロイシン 6,200mg
ロイシン 11,100mg
フェニルアラニン 3,300mg
システイン 2,400mg

他のビーレジェンドシリーズのお買い求めはこちらから

お申込みは今すぐこちらをクリック

ご注文は、今すぐこちら!

ページ上部へ