【サプリメントの選び方】
トレーニングパフォーマンスを上げ、効率よく筋肥大を目指そう!

ポイント

トーレーニングパフォーマンスを上げ、効率よく筋肥大を目指し、均等にたんぱく質を摂り、筋分解を防ぐことがポイントです。

筋肉量を増やすには、

・トレーニングのパフォーマンスアップ

・食間時や就寝時の筋分解を防ぐこと

・筋肉の材料になるたんぱく質を十分に摂ること

が大切です。

ウエイトトレーニングの際に重量を挙げるための瞬発力に作用することが期待されるクレアチン」
その多くがクレアチンリン酸という形で筋肉に存在しているアミノ酸の一種です。
30秒未満で繰り返し激しく行う無酸素運動に効果を持つと言われています。
身体を大きくしたい方や瞬発力UPにおすすめです。
トレーニング前に摂取し、筋肉中のクレアチンリン酸を増量し、エネルギー源を高めることで、トレーニングのパフォーマンスアップを目指します。

 

筋肉のたんぱく質に多く含まれている3種類の必須アミノ酸、バリン、ロイシン、イソロイシンの総称である「BCAA」は、
筋損傷の軽減、早期回復や集中力の向上にも期待が出来ます。

たんぱく質合成の増大と分解を防ぎ、回復をサポートをするのが「HMB」
体内で筋肉合成に関係していると言われているアミノ酸「ロイシン」が分解されたときに出来る代謝産物です。
体内ではロイシンの約5%しかHMBに変換されないと言われています。

 

筋肉の主な材料になるのはたんぱく質です。
たんぱく質を十分に摂ることは大切ですが、摂り方のポイントとして
一度に多く摂るのではなく
均等に摂る方が筋たんぱく質の合成を高めると言われています。
間食にホエイプロテイン就寝時や食事と食事の時間が長時間の場合はたんぱく質が
ゆっくりと身体に吸収されるカゼインプロテインを摂ることで筋肉分解を防ぐことが期待できます。


おすすめサプリメント

PAGE TOP