どの時間帯にトレーニングするのがおすすめ?トレーニングに向かない時間帯は?ボディビルチャンピオンが解説



どの時間帯にトレーニングするのが一番効率いいの?

今回はそんなあなたの疑問にお答えします。

こんにちは、ビーレジェンド大林です。

「一日の中でいつ筋トレをするのが効率的なのでしょうか?」とお客様から質問を頂きましたので、これにお答えします。

 

一番ストレスなくトレーニングできる時間帯にトレーニングすべし

トレーニング 時間帯 おすすめ

私が考える最も効率の良いタイミングは、「自分にとって一番ストレスなくトレーニングができるとき」です。

トレーニングで成果を出すには長期間継続することが必要です。いくら「○○時ごろトレーニングするのが効率良い」といっても、他の予定を犠牲にして無理やりトレーニングしていては継続できずに終わってしまうことが多いです。それならば多少効率は落ちるとしても、無理なくトレーニングできる時間帯にベストを尽くす方が長期間継続でき、トータルで考えるとはるかに大きな成果を挙げることができるもの。

そのため、仕事や家事などの兼ね合いを考えて、一番無理なく継続できるタイミングでトレーニングするのが一番効率的だと私は考えています。

朝方の方は出勤前のトレーニングが合うかもしれませんし、終業後にトレーニングする方が合っているという方もいらっしゃると思います。皆様の生活スタイルに合わせて、ストレスなくトレーニングできるタイミングを見極めることが効率よくボディメイクするするコツなのです。

起床直後や就寝直前は避ける

トレーニング 時間帯 おすすめ

とはいえ、高強度でトレーニングするためにはできるだけ避けた方がよいタイミングがあるのも事実です。起床直後は脳や身体が目覚め切っておらず強い力を発揮しにくい時間帯です。どうしても、という場合は仕方ないですが理想としては起床後2時間以上経ってからトレーニングを始めると本来のパフォーマンスを発揮しやすくなるでしょう。

また、就寝直前のトレーニングにも注意が必要です。トレーニングのパフォーマンスには悪影響が少ないのですが、トレーニング後しばらくは身体が興奮状態のためなかなか寝付けなかったり眠りが浅くなったりすることがあります。休息の質が悪くなって身体が回復できないまま次回のトレーニングを行ってしまうと効率が悪くなっていってしまうため、できれば就寝の2時間前にはトレーニングを終えるのがおすすめです。

栄養摂取のタイミングはそれほどシビアに考えなくてもよい

トレーニング 時間帯 おすすめ

都合のよい時間帯にトレーニングをしていると、栄養摂取のタイミングに困ることもあります。例えば「早朝しかトレーニングできないが朝食は食べた方がよいのか」「睡眠時間を確保するため終業後にトレーニングし帰宅したらすぐ寝たいが夕食はきちんととった方がよいのか」といった質問をよくいただきます。栄養摂取においては食事のタイミングよりも一日トータルで考えた栄養バランスの方が身体づくりにとって重要なため、トレーニングと同じく無理なく食べられる時間に食事するのがおすすめです。

また、スケジュールに合わせて臨機応変に食事をとる場合はプロテインを活用して栄養補給するとよりストレスなく栄養バランスを整えることができるためおすすめです。起床後にトレーニングしたいけどきちんとした食事をとる時間がない場合や夜にトレーニングして帰宅したら速やかに寝たい場合など、なかなか食事に時間を割けない場合はプロテインでサッとたんぱく質を摂取するだけでトレーニングのパフォーマンスやトレーニング後の回復が違ってきます。

ビーレジェンド プロテイン

栄養補給に最適なプロテインの購入はこちら

まとめ

  • 無理なく続けられる時間帯にトレーニングするのがおすすめ
  • 起床直後や就寝直前はなるべく避ける
  • 栄養摂取のタイミングにはそれほどこだわらなくてもよい
  • プロテインを活用して柔軟な栄養摂取を

仕事や家庭などやるべきことがたくさんある中で筋トレの成果を出すことは簡単ではありませんが、自分が続けやすいやり方を探すことで効率よく目標に近づくことができます。ぜひこの記事を参考にして自分にとって最適なタイミングを見つけてください。

  1. ベンチプレス 重量 伸びない 改善方法
  2. ビーレジェンド オーバーワーク 筋トレ トレーニング 追い込み
  3. プレワークアウト おすすめ ベータアラニン カフェイン
PAGE TOP