むくみを食事で改善する方法とは



【むくみ改善】むくみの原因と食事での予防

朝起きると顔がパンパンに、、夕方になると靴が入らない、、

むくみによる悩みは私たちの生活にべったりです。

着圧靴下やマッサージなどむくみ解消のために色々頑張っておられる方も多いのではないでしょうか。

今回は食事でもできるむくみ予防を紹介します!

 

むくみの仕組み

むくみ 食事 予防 原因

人間の身体は約60%が水分でできています。

水分は細胞の中や血管の中など身体全体をめぐっており、細胞に栄養を送る、老廃物を排出するといった役割を担っています。

むくみ 食事 予防 原因

つまり、水分には身体のバランスを整える働きがあります。

むくみは水分バランスが乱れ細胞と細胞の間に水が溜まることで起こります。

むくみ 食事 予防 原因

そのため原因として、

・立ちっぱなしや座りっぱなしで同じ姿勢が長く続く

・お酒の飲みすぎ

・生理前や更年期などホルモンバランスの乱れ

・冷えによって血流が悪くなる

・水分不足

があげられます。

むくみ予防のために水を飲む量を減らしておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は身体の水分量が不足するとむくみにつながってしまいます。

前述したとおり、水分を摂って排出してを繰り返すことで身体のバランスが整えられています。

しかし、入ってくる水の量が少ないと身体は排出するはずの水を体内に蓄えます。

結果、水分不足がむくみにつながってしまうのです。

むくみチェック

ここであなたの生活がむくみにつながっているかどうか確認しましょう。

むくみ 食事 予防 原因

ひとつでも当てはまればあなたの生活はむくみやすい生活です。

以降紹介する食事について意識してみてください。

注意するむくみ

私たちの生活にべったりなむくみですが、実は裏に病気が潜んでいる可能性もあります。

むくみが1日中または数日間続く、むくみで足が痛くて眠れないといった人は一度病院に行ってみてください。

予防につながる食事

むくみ予防のためにまず塩分の摂りすぎに注意してください。

人間の身体は体内の塩分濃度を一定に保とうとします。

そのため、大量の塩分が入ってくると身体は体内に水分を溜め込みます。

効果的な3つの栄養素

①カリウム

むくみ 食事 予防 原因

カリウムは体内の塩分を排出する働きがあります。

私たちの身体では摂った塩分を体内で使い、使わなかった塩分は排出されます。

カリウムはその中で体内の塩分量を調整する役割を担っています。

カリウムが含まれる食材として

・バナナ、キウイ、リンゴなどの果物

・かぼちゃ、きゅうり、ほうれん草などの緑黄色野菜

・ワカメ、ひじきなどの海藻類

があります。

②たんぱく質

むくみ 食事 予防 原因

たんぱく質にはむくみ予防のための2つの効果があります。

・血液中の水分バランスを一定に保つ

血液中に含まれる「アルブミン」というたんぱく質が血管の中の水分量を調整する役割を担っています。

・筋肉の材料

女性が男性と比べてむくみやすい原因に筋肉量が少ないことがあげられます。

例えば、ふくらはぎは「第二の心臓」として筋肉がポンプのように働くことで血液を循環させています。

しかし、ふくらはぎの筋肉量が不足していると降りた血液を上に引き上げて戻すことができません。

このことから長時間足を下に降ろした状態が続くとむくんでしまいます。

適度な運動とたんぱく質の摂取で筋肉量を維持しましょう。

たんぱく質が含まれる食材として

肉、魚、卵、豆製品があげられます。

③ビタミンB群

むくみ 食事 予防 原因

ビタミンB群は

糖質や脂質の代謝を助ける

摂ったアルコールや水分の代謝を助ける

といったように、代謝をサポートし身体の巡りを良くする働きがあります。

ビタミンB群が含まれる食材として

肉、魚、卵などの動物性の食材があげられます。

また、生理前などのホルモンバランスの乱れによるむくみが気になる人はビタミンB6の摂取がおすすめです。

まとめ

  • むくみは体内の水分バランスの乱れによって起こる
  • 同じ姿勢が長く続くことや塩分の摂りすぎ、水分不足がむくみの原因に
  • 日ごろの運動、マッサージ、体を温める、食事でむくみを改善できる
  • むくみ予防にはカリウム、たんぱく質、ビタミンB群が効果的

以上、食事で出来るむくみ予防について紹介しました。

むくみは私たちの生活となかなか切り離せない症状です。

しかし日々の生活を改善していくことで、ゼロに近づけることができます。

万全なむくみ予防ですっきりした毎日を過ごしましょう!

  1. 社会人 筋トレ 効果
  2. LEGENDS
PAGE TOP