大胸筋の成長を最大限に引き出すマシンチェストプレスのやり方

皆さんこんにちは。ビーレジェンド上野です。今回は多くのジムおよびフィットネスクラブにあるチェストプレスマシンで行う、マシンチェストプレスについて解説していきます。

筋トレ初心者の方向けの種目と思われがちですが、ベンチプレスやダンベルフライに勝るとも劣らない効果と奥深さがある種目です。

本記事をご覧になっているフリーウェイト派の筋トレ中~上級者の方も、是非読み飛ばさずに最後までご覧いただければと思います!

鍛えられる部位

大胸筋

マシンチェストプレスの特徴

分厚い胸板づくりを安全かつ効率よく行うことが出来る

大胸筋に刺激を与えるプレス動作を習得することが出来る

ある程度筋トレを行っている方にとって、大胸筋種目の中心にあるのはベンチプレスやダンベルプレスダンベルフライである場合が多いかと思います。

確かに大胸筋以外の動作を補助する筋肉(スタビライザー)へ併せて刺激を与えたい場合はフリーウェイトに分があるといえます。

しかし、労力や取り組みに対して大胸筋の発達に不満がある方大胸筋が効率的に動員される動作を習得できていない方等にとって、フリーウェイト種目はスタビライザーの関与割合が多くなり、扱う重量の割に大胸筋にかかる負荷が弱くなっている可能性があるのです。

筋トレをまじめに取り組む方ほど、発達が悪い原因は強度の低さなのではないか?という心理状況に陥る傾向があります。

対象となる大胸筋にかかる負荷が不十分な状態で強度を上げるとどうなるか、ズバリ怪我します

つまりマシンチェストプレスは、フリーウェイト種目をガンガン取り組むだけで満足な大胸筋の発達が得られている方以外すべての方におすすめの種目なのです。

マシンチェストプレスのやり方

バーが胸の高さ(みぞおちの一番上、剣状突起)にくるようシートの高さを調整します。

肩甲骨を寄せつつ首を長く保つように肩を落としてバーを握り、大胸筋のテンションを感じます。

胸を張ったまま大胸筋のテンションが抜けない可動域でバーを押します。

テンションを感じたままゆっくりおろし、動作を続けます。

動作中、重量を挙げることよりも大胸筋のテンションを保つことを第一に考えましょう。

大胸筋のテンションを感じにくい方は
バーを人差し指側から握る
前腕をマシンの軌道と平行に動かす(肘を極端に上げない/下げない)
上記+シートの高さを見直すことがおすすめです。

まとめ

今回はマシンチェストプレスについて、大胸筋に刺激を効率よく入れるという視点で解説しました。

マシンはフリーウェイトより簡単に動作を行うことが出来ますが、簡単だからといって気を付けるポイントが少ないというわけではありません

今回ご紹介した方法を、まずはしっかり意識してトレーニングに臨み、それがいつしか無意識でもできるようになれば、強度を徐々に高めていきましょう!

身体作り全体のレベルアップを目指すにあたり、プロテインや各種アミノ酸の摂取だけではなくビーレジェンドHMBの導入もおすすめです。

PAGE TOP