ビーレジェンドに関する最新の情報を配信

ビーレジェンド通信

【初~中級者向け】ホエイプロテインの種類2つを紹介!

ホエイプロテイン 種類

¡Hola! ビーレジェンド松永です。 
プロテインってたくさん種類がありますよね。

プロテインってなんかいろいろ種類があるなぁ……どれをどう選べばいいんだ……?」と思っている悩めるトレーニーの方も多いのではないでしょうか。

特に中級者になると、「ホエイ、ソイ、カゼインの違いは分かるけど、WPCとかWPIって何なんだ?」って人もいるかもしれません。

今回はそんな悩みに応えるべく、代表的なホエイプロテイン2種類(WPC、WPI)をご紹介いたします。 

目次 

  • WPC(ホエイプロテインコンセントレート、濃縮乳清タンパク質) 
  • WPI(ホエイプロテインアイソレート、分離乳清タンパク質) 

 

WPC 

ホエイプロテイン 種類

まずはホエイプロテインの種類の中でも代表格、WPCです。 
一般的に流通している数・種類が多いと思われるプロテインです。

乳清(ホエイ)をフィルターでろ過し、得られた液体を濃縮して精製されたものです。

たんぱく質含有率は70~80%程度で、ビタミンやミネラル、脂質や糖質もある程度含みます

そのため、いろんな栄養素をバランスよくとりたい方におすすめです。

吸収速度はソイやカゼインと比べると早いですが、以下で紹介するWPIやWPHと比較すると少し遅めです。

価格はWPI、WPHよりも安価なことが多いです。

また、WPCには乳糖も多く含みますので、乳製品を摂取し多彩におなかの具合が優れなくなるような方はWPIやWPHをおすすめします。 

【見出し1】WPI 

続いてのホエイプロテインの種類はWPIです。 
WPCから糖質や脂質をカットし、たんぱく質の純度を高めた製品となっております。

乳糖も多くカットされているため、乳糖不耐症の方でもおすすめです。

また、WPCよりも低カロリー、低脂質のためダイエット中の方にもおすすめです。

吸収速度は前述の通り、WPCよりは早いです。

ちなみに、WPCよりも製造工程が多いため、価格は割高となるケースが多いです。 

まとめ 

・WPC・・・たんぱく質70~80%、たんぱく質以外の栄養素もある程度含む割安 

WPI・・・WPCよりもたんぱく質高純度、乳糖を多くカット、低脂質カロリー、割高 

今回は2種類のホエイプロテインを紹介しました。

自らのライフスタイルやプロテインを使用する意味合いに応じて、使用量や摂取のタイミングなどを使い分けると良いでしょう。

複数のプロテインを所持しておいて、ケースに応じて使い分けるのも良いですね。 
では、¡Adios! 

 

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

驚くほど美味しいプロテイン「ビーレジェンド」 モンドセレクション最高金賞、iTQi優秀味覚賞を受賞 朝9時までのご注文は当日出荷

  1. 【ダイエット】健康的にダイエットを加速させる飲み物を4つ紹介

  2. 【筋トレ】スクワットでウエストが太くなる?太くさせない方法も紹介

  3. 【睡眠】睡眠の質が上がる簡単ストレッチを紹介(動画付き)

  4. 【ダイエット】空腹時間を意図的に作るメリットとは?

「be LEGEND」公式LINE
新規登録でクーポンGET
↓↓お得にプロテインを手に入れるにはこちら↓↓

RELATED

一緒に読んでほしい関連記事

PAGE TOP
公式ショップはコチラ
公式ショップはコチラ