【初心者向け】プロテインでファスティング(断食)ダイエットは危険?その理由を3つ紹介


いつもビーレジェンドプロテインをご愛飲頂きありがとうございます。
ビーレジェンド板垣です。

今回は
「プロテインでファスティング(断食)はダメなの?」
「たんぱく質さえ摂れていれば、食事を抜いても良いの?」
こちらについて解説します。

目次

1. プロテインでファスティングはおすすめできない
2. 理由その①エネルギーを一気に減らすことで身体の不調が出る場合がある
3. 理由その②ドカ食いのリスクが高まる
4. 理由その③リバウンドの危険がある
5. 安全にプロテインダイエットをするためには
6. この記事のまとめ

プロテインでファスティングはおすすめできない


手軽に始めることが出来て、体重の減りが早いということからファスティング(断食)によるダイエットは人気を集めています。
本来、内臓の働きを一時的に休めるもので、体重を減らすことが目的ではないこちらの方法。
現在では「ダイエット方法」として様々なファスティングの方法が存在しています。

しかし、プロテインだけしか口にしないファスティングは決しておすすめ出来ません。
その理由を3つまとめてみました。

理由その①エネルギーを一気に減らすことで身体の不調が出る場合がある

極端な食事制限はあらゆる身体の不調の原因になります。
これまで摂取できていた栄養が極端な食事制限を行うことで、身体を支えたり機能させたりしている骨や内臓などの材料やエネルギー源が急に足りなくなるという状態になります。

これにより、貧血や立ちくらみ、日中の辛い倦怠感だけでなく、気分の落ち込みなども引き起こされる場合があります。

プロテインは確かにたんぱく質が豊富に含まれていますが、脳のエネルギーになる「糖質」をはじめ、腸の働きを助ける「食物繊維」などは十分に含まれていません。
人の健康を保つための栄養素はプロテインひとつでは補うことが出来ないので、プロテインはあくまでサプリメントとして、日々の食事にプラスアルファでご活用いただくことをおすすめします。

理由その②ドカ食いのリスクが高まる

3食しっかり食べて、少し間食を控えるなど軽めのダイエットでも、「お菓子の誘惑がつらい・・・」という声もよく耳にします。
これがいくら甘いフレーバーのプロテインでも、プロテイン以外のものを一切口にしないというファスティングでは、我慢が爆発して衝動的に甘いものやスナック菓子を「ドカ食い」してしまうリスクが高くなる傾向にあります。

理由その③リバウンドの危険がある

プロテインだけしか口にしないファスティングで体重を落としても、そのあとに食事を通常のものに戻した途端リバウンドしてしまう可能性が高くなりがちです。

その原因として、身体が省エネモードになることが挙げられます。

私達の身体は十分なエネルギーを食べ物から得られることが出来ないことが続くと「省エネモード」になります。
これは、少ないエネルギーで身体を動かし続けるために「エネルギーを貯めこみやすくなる身体」になることです。
それにより、少ししか食べていないのに太りやすくなってしまった・・・という状態に陥りやすくなってしまいます。

安全にプロテインダイエットをするためには

プロテインを活用しながら安全にダイエットするためのコツは、次の通りです。

① 長期的で続けやすい目標を立てる
② 置き換えるなら食事ではなく、「間食」の代わりにプロテインを飲む
③ 空腹はWEIGHT DOWNシリーズ(ソイプロテイン)でカバー

リバウンドやドカ食いのリスクを避けるためにも、減らす食事の量は最小限にし、続けやすい目標を立てることをおすすめします。
また、プロテインはあくまで「サプリメント」。
主な栄養は「食事」で摂り、あくまで足りない栄養をプロテインで補給するイメージで行いましょう。

また、ソイ(大豆)プロテインは腹持ちが良い特徴があるので、空腹対策にはもってこいですよ!

こちらの動画でプロテインを活用したダイエット方法について、弊社の管理栄養士がご紹介しております。
是非チェックしておきましょう!
【管理栄養士推奨】健康的に痩せる!正しいプロテインダイエットの方法【ビーレジェンド プロテイン】

まとめ

いかがでしたでしょうか。

– プロテインでファスティングはNG!
– 糖質や食物繊維など身体に必要な栄養素はプロテインだけでは補うことが出来ない
– プロテインだけのファスティングはドカ食いやリバウンドのリスクが高い
– メインの栄養は食事・プロテインは足りないものを補うサプリメントとして摂る

はやく理想の身体を手に入れたくて焦る気持ちはよくわかります。
私も競技をしていて減量の期間は十分に取っているはずなのに、数字に中々現れないときは心が折れそうになります。

しかし、数字ばかりを追い求めるのではなくて、一度冷静になってみることも大切なことです。
「早くダイエットの結果が欲しいのに中々数字の変化がない」、「痩せるために手段は選ばない!」と焦ったり落ち込んだりしている人には是非見て頂きたいです!
(冒頭のお話、特に響くものがあるはずです)

【Q&A】短期間で痩せたいと考えている方へ【ビーレジェンド プロテイン】

大会の優勝経験も沢山ある、減量に慣れている現役ボディビルダーのスタッフでも、ダイエットは大変なことです。

一度ひとやすみして、自分を客観的に見ると嬉しい発見もあるかもしれませんよ!
ビーレジェンドはダイエットやボディメイク中の方のご褒美になるようなプロテインのフレーバーを沢山揃えています。
是非、ダイエット中のサポートとしてプロテインを取り入れてみてくださいね!

余談ではありますが、
私は減量がうまくいかないとき、「私が太っても地球は滅亡しない!」と開き直っています。
太ったり痩せたりしても誰も私を責めたり、悲しんだりしないと思うと少し気持ちが楽になりますよ。

  1. トレーニング 筋肉 落ちる マッスルメモリー
  2. ビーレジェンド 懸垂 できない プロテイン
PAGE TOP