筋肉作りをするならやってはいけない3つのポイント

 

¡Hola!ビーレジェンド松永です。
今回は、トレーニングしている方必見の筋肉づくりのためにやってはいけない3つのポイントをお話ししたいと思います。今からお話しすることは、実は意外とできていない方が多いのではないでしょうか。トレーニングの効果を上げたるためにも、参考にしてみてください!

目次

  • たんぱく質のみを食べる
  • 空腹の状態で運動する
  • 運動前に脂質・食物繊維を摂る
  • まとめ

たんぱく質のみを食べる

リーンゲインズ 摂取カロリー

まず1つ目は、たんぱく質のみを食べることです。
糖質制限や炭水化物抜きダイエットで、炭水化物を制限している方は多いのではないかと思います。また、たんぱく質をとるために肉や卵などを意識して食べてる方も多いと思います。一方で、トレーニングの効果を最大限に生かすためにはそれだけでは不十分です。炭水化物はもちろん必要で、ビタミンやミネラルも重要になってきます。その理由ですが、炭水化物が極端に少ないと体を動かすためのエネルギーを補うために、筋肉を分解してエネルギーを作り出してしまうからです。さらに、ビタミンやミネラルは取ったたんぱく質をしっかり代謝するためのサポートをします。摂取したタンパク質を身体の中から有効に使うためにしっかり働いてくれる栄養素ですので、たんぱく質と合わせてこれらもしっかりとっていただく必要があります。

空腹の状態で運動する

体重 増えない バルクアップ 腸内環境 サプリメント

二つ目は、空腹の状態で運動するということです。
まず、体を動かすためにはエネルギーが必要になります。そのエネルギーに変わるのは、3大栄養素である炭水化物やタンパク質です。一方で、十分に体を動かすためのエネルギーが足りていないと質の良いトレーニングができないということになります。先ほどお話ししたように、筋肉を分解してエネルギーを作り出す状態にもなりかねません。従い、運動前にはエネルギーになる炭水化物をしっかり取っていただくことを覚えていただければと思います。なお、筋肉を作る上では血中のアミノ酸濃度をしっかり保っておくことも大切です。トレーニング前にBCAAEAAをとっていただいて血中のアミノ酸濃度保っていただくことも有効でしょう。

運動前に脂質・食物繊維を摂る

三つ目は、運動前に脂質や食物繊維を摂ることです。
脂質や食物繊維は胃の中での滞留時間が長い特徴があります。消化吸収に時間がかかるので、食後にハードなトレーニングをしてしまうと消化吸収がうまくいっていないせいで、気持ち悪くなったり、胃がもたれるような感じがしたりする可能性があります。そのため、運動前には脂質や食物繊維の少ない、消化吸収の良いものを食べることをおすすめします。糖質の多く含んだゼリーやバナナなどは消化吸収も早く、おすすめです。

まとめ

  • たんぱく質のみを食べる
  • 空腹の状態で運動する
  • 運動前に脂質・食物繊維を摂る

トレーニーの方にとっては基本的なお話かもしれませんが、実は意外とできていないことも多いのではないでしょうか。今一度上記のポイントを念頭に置き、毎回最高のパフォーマンスでトレーニングができるように心がけましょう!

では、¡Adios!

【たんぱく質利用効率UP術】筋肉作りをするならやってはいけない3つのポイント【ビーレジェンド プロテイン】

  1. 筋トレ メリット
  2. スポーツ中の栄養補給におすすめのゼリー飲料
  3. フィジークとボディビルの違い
  4. 成長期 トレーニング
  5. ビーレジェンド EAA
PAGE TOP