プレワークアウトサプリで絶対に摂取したい成分とは

本当に効果のあるプレワークアウトサプリとはどんなものなのか?という疑問にお答えします。

  • トレーニングでもっと効率よく身体を変えたい
  • スポーツのパフォーマンスを最大限に高めたい

あなたはこう思ったことはありませんか?

せっかくスポーツをしたりジムに通ったりするなら少しでも良い成果をあげたいと思う方も多いと思います。そんな方にぜひ摂っていただきたいサプリメントが、「プレワークアウト」です。

プレとは「前」、ワークアウトは「運動」。つまりプレワークアウトとは運動前に飲むことでパフォーマンスやトレーニング効果を高めてくれるサプリメントのことなのです。

近年のトレーニングブームとともに海外のプレワークアウトが日本に広まり、国内メーカーも様々な製品を販売するようになりました。しかし、プレワークアウトの種類が多すぎて、

結局どんなものを摂ったらよいのか

が分からず、興味はあるけど買ったことはないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「これが入ったプレワークアウトを買えば間違いない」という成分を2つ紹介します。

絶対に摂っておきたい成分ベスト2

ベータアラニン

ベータアラニンはアミノ酸の一種で、2019年春にサプリメントとしての使用が国内で許可された、比較的新しい成分です。このベータアラニンには、筋持久力を向上させる効果があるといわれています。

トレーニングをしていると、動かしている筋肉が焼け付くような痛みに襲われることがあります。限界近くまでトレーニングをすると起こるこの現象をトレーニング用語で「バーン」と呼び、スポーツでは「乳酸が溜まる」などと表現されることが多いです。ベータアラニンはこの「バーン」がくるタイミングを遅らせる効果があります。

例えば10回で筋肉が痛くて挙がらなくなっていたのが11回、12回と挙がるようになる、試合後半で乳酸が溜まって動きが悪くなっていたのが最後までキープできるようになるといった効果が期待できるため、多くの回数をこなせて筋肥大効果がアップしたりパフォーマンスが向上したりするのです。

ベータアラニンは60~240秒間の運動で特にこの持久力アップ効果を発揮するといわれているため、ごく短時間の瞬発系種目よりもある程度の時間瞬発的な動きを持続する種目に最適な成分です。

トレーニングであれば8-15回のレップ数、スポーツであれば800mなどの中距離走やバスケットボールなどの競技で力を発揮するでしょう。

カフェイン

スポーツ中の栄養補給におすすめのゼリー飲料

カフェインといえばコーヒーに含まれていることでおなじみの成分なので、ご存じの方も多いのではないのでしょうか。眠気覚ましの効果が有名ですが、集中力アップ・疲労感軽減・筋力アップといった、トレーニーやアスリートにとって嬉しい効果がたくさんある成分なのです。

カフェインは人間が活動的になる際優位になる交感神経を興奮させることで、筋力・集中力アップ、トレーニングや試合後半では疲労感の軽減といったメリットをもたらしてくれます。これらの効果は競技やレップ数を選ばず体感できるものなので、すべてのトレーニーやアスリートにおすすめの成分です。

国産でベータアラニンとカフェインを両方摂れるプレワークアウトが理想

ベータアラニンは筋肉に働きかけて効果を発揮する成分ですが、カフェインは神経に作用する成分のため、お互いの相乗効果でよりパフォーマンスを上げることが期待できます。

また、この2種類の成分はISSN(International Society of Sports Nutrition)という、サプリメントやスポーツ栄養についての国際機関による研究レポートで、効果と安全性に強いエビデンスがあると報告されています。つまり、ベータアラニンとカフェインは数あるサプリメントの中でも極めて効果を実感しやすい成分なのです。

しかし、海外のプレワークアウトにはドーピング禁止物質のリスクがあるためおすすめできません。たとえラベルに禁止物質が載っていなくとも、ずさんな管理のせいで禁止物質が混入してしまった事例もあるため油断できません。

そうなると品質管理が徹底されており安全性の高い国産サプリメントの中から選ぶこととなりますが、ベータアラニンが比較的新しい成分ということもありまだまだ国産サプリメントにベータアラニンとカフェインを両方配合しているものは多くありません。

ビーレジェンド プレワークアウトはベータアラニンとカフェインを両方配合しています

ビーレジェンドでは、ベータアラニンとカフェインを両方配合したプレワークアウトサプリ「ビーレジェンド プレワークアウト モンスターハンター」を販売しています。

ぜひ、この機会にご購入下さい。

  1. 子供 熱中症対策 差し入れ
  2. ソイ プロテイン 大豆
  3. ゼリー飲料 スポーツドリンク コストパフォーマンス
PAGE TOP