忙しい朝に最適!プロテインを活用した朝食メニュー3選

  • 朝が忙しく朝食をゆっくりと準備している時間がない
  • ボディメイクのためにたんぱく質を摂りたいけど、朝から肉や魚は食べられない
  • 成長期の子供にバランスの取れた朝食を作ってあげたい

あなたはこんな悩みをもっていませんか?

健康的な毎日のためには朝・昼・晩の3食からバランスよく栄養摂取することが重要です。ボディメイクに取り組む人はそれに加えてたんぱく質を多く摂る必要があります。

しかし、朝は忙しくてゆっくり食事を作る暇がない、食欲がないといった理由で朝食がおろそかになってしまっている人もいるのではないでしょうか?

自分のことはまだよくても、子供のこととなると何とかしてあげたいけどどうしたらよいのだろうか…と悩んでいる人も多いはず。

そんな時に活躍するのがプロテインです。

プロテインを活用することで忙しい日や食欲のない日でも無理なく栄養バランスの整った食事をとることができますので、

今回はプロテインを使った栄養バランスの良い簡単朝食メニューを3つ紹介します。

プロテインで不足しがちなたんぱく質を補う

たんぱく質・脂質・炭水化物の三大栄養素のうち、圧倒的に不足しがちなのがたんぱく質です。運動をしない人でも健康のためには成人男性は60g、女性は50gのたんぱく質を摂取することが推奨されていますが、この数値をクリアするためにはステーキ3枚分(300g)のお肉を食べる必要があり、意外とハードルが高いのです。朝ともなれば肉や魚は重すぎて食べられない、という人も多いでしょう。さらに、成長期のお子様はより多くの栄養が必要となるため、たんぱく質の確保は大きな問題です。

その点プロテインはジュース感覚で飲むだけでたんぱく質が摂取でき、非常に便利なのです。ビーレジェンドなら200mlの水に溶かして飲むだけでステーキ1枚分(100g)に相当する20gのたんぱく質が摂取できるため、時間がない人にとっても食欲がない人にとっても非常に便利なサプリメントです。

プロテインを使った朝食メニュー3選

  • ヨーグルト+果物+ホエイプロテイン

時間がないけど何か食べたいからとりあえずヨーグルトとバナナなどの果物で朝食を済ませるという人も多いと思います。これにプロテインを足すだけでたんぱく質と炭水化物がバランスよく摂れる朝食に早変わり。低脂肪のためボディメイク中にも効果的ですし、果物からビタミン・ミネラルも摂取できるため健康面のメリットも。

プロテインは水や牛乳に溶かして飲むだけでなく、ヨーグルトに混ぜてもおいしく食べられます。おすすめはベリベリベリー風味や南国パイン風味などのフルーツ系フレーバー。ぜひ一度お試しあれ。

  • 納豆ご飯+ソイプロテイン

朝はご飯を食べたいという人向けの組み合わせです。納豆は腸内環境を整えてくれる効果が期待できますので、おなかの調子が気になる人におすすめ。ソイプロテインはホエイプロテインに比べてお腹もちが良いのでダイエット向きです。お米と大豆という組み合わせはお互いが持つアミノ酸の少ない部分を補い合うので優秀な組み合わせです。

  • シリアル+ジュニアプロテイン

子供がなかなか朝食を食べてくれない、時間がなくても子供には栄養のあるものを食べさせてあげたいとお困りの人におすすめの組み合わせ。たんぱく質だけでなく普段の食事では不足しがちなビタミン・ミネラルも摂れるため、おやつ感覚で栄養補給できます。ビーレジェンドのジュニアプロテインはたんぱく質とカルシウムの含有量が国内№1(たんぱく質11.4g以上、カルシウム600mg)。骨の成長に必要なビタミンD、ビタミンKも配合しています。

手軽に食べられる食材にプロテインを足すだけで、このように栄養バランスの整った朝食を作ることができます。忙しさや食欲を理由に朝食がおろそかになってしまっていた人、お子様のために時間がなくてもバランスの取れた食事を作りたい人はぜひ参考にしてみてください。

  1. リーンゲインズ 減量 やり方
  2. リーンゲインズ やり方 初級編 ダイエット
  3. ゼリー飲料 スポーツドリンク コストパフォーマンス
PAGE TOP