成長期の子供の栄養摂取に管理栄養士監修のプロテインがおすすめの理由【幼児や小学生も安心】

  • 子供には栄養のあるものを食べさせたい
  • 子供に好き嫌いがあり、なかなかおかずを食べてくれない
  • 周りの子と比べて自分の子供の身体が小さい

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

成長期の子供って栄養は非常に大切です。大人と違い身体が発達途中のジュニア世代は多くの栄養を必要とするため、食事からしっかりと栄養補給をしなければなりません。

成長期のお子様にはたんぱく質、ビタミン、ミネラルの摂取が重要

 

五大栄養素のうち、成長期の子供に特に不足しがちなのがたんぱく質、ビタミン、ミネラルです。現代の食生活では炭水化物や脂質は比較的簡単に摂れますが、たんぱく質、ビタミン、ミネラルは意識をして献立を考えなければなかなか必要量を満たすことはできません。

特にたんぱく質はかなりの量を摂取しなければならず、8~9歳男性の推奨量である40gのたんぱく質を摂るためにはステーキ2枚分に相当する200gのお肉が必要となります。スポーツクラブなどに通う子供であればこの1.5倍~2倍程度のたんぱく質が推奨されています。

 

男性

女性

 

推奨量(g/日)

推奨量(g/日)

6~7(歳)

35

30

8~9(歳)

40

40

10~11(歳)

50

50

12~14(歳)

60

55

厚生労働省 日本人の食事摂取基準2015より抜粋

しかし共働き世帯などで仕事や育児に忙しい家庭の場合、なかなか食事の準備に時間をかけることができません。朝はトーストに牛乳、卵といった簡単なもので済ませ夕食はご飯に残り物のおかずで、という方も多いのではないでしょうか。

子供も学校や塾、スポーツクラブと忙しい毎日の中ではゆっくり食事を摂る機会がなかなかない場合も多く、こういった場合給食でしかたんぱく質が摂れず1日のたんぱく質摂取量は12歳でも30g程度、ということも珍しくありません。

子供 食事 不十分

足りない栄養補給はプロテインがおすすめ

子供 栄養補給

不足しがちなたんぱく質を補うにはプロテインを活用するのがおすすめです。ビーレジェンドのジュニアプロテインは1食25gあたり11.4gと国内のジュニアプロテインでは最高のたんぱく質含有量で、150ml~300mlの水や牛乳に溶かしておやつやジュース感覚で飲むだけで8~9歳の推奨量の1/4に相当するたんぱく質が手軽に摂取できます。溶かして飲むだけなので子供だけでも問題なく手軽に作れ、時間がないときの栄養補給にぴったりです。

たんぱく質だけでなく、ビーレジェンド ジュニアプロテインは管理栄養士監修のもと鉄やカルシウム、ビタミンD、ビタミンK(栄養機能食品)といった子供の成長に欠かせないビタミン・ミネラルも配合した、総合的に子供の栄養をサポートするサプリメントで、中でもカルシウムは国内ナンバー1の600mgを1食分に配合しています

カルシウム ビタミンD ビタミンK 鉄

栄養成分はもちろんのこと味にもこだわり、子供が毎日飲みやすい3種類を揃えています。

ジュニアプロテイン すくすくチョコ風味

子どもが大好きなココア飲料に近いチョコレート風味をプロテインで再現。

すっきりとした甘さと自然な後味で、長時間体を動かした練習後や朝食、おやつ代わりにおすすめです。

ジュニアプロテイン のびのびいちご風味

飲んだ瞬間いちごの香りとやさしい甘さが広がる、本格的ないちごミルク風味です。

すっきりとした酸味と後味で、激しい練習後や朝食、おやつ代わりにゴクゴクお召し上がりいただけます。

また、牛乳で溶かし飲むと、トロトロとしてまるで飲むヨーグルトのようです。

ジュニアプロテイン ぐんぐんグレープ風味

ジューシーなぶどうの香りと甘みを楽しめる味。

スッキリした酸味、爽やかな後味が特徴で、さっぱりしたい練習後や朝食、おやつ代わりにおすすめです。

グレープ風味も牛乳で溶かし飲むと、トロトロとしてまるで飲むヨーグルトのようです。

プロテインは子供にも安全

 

プロテインと聞くと、筋肉がムキムキになって背が伸びなくなったり、身体に悪かったりとネガティブな印象も持っている方もいるかもしれませんが、ご安心ください。プロテインとは牛乳から脂質や炭水化物といった栄養素を取り除き、たんぱく質を抽出したもので乳製品の一種です。

いわば濃い牛乳のようなものなので、乳製品アレルギーのない子供であれば離乳食を卒業した幼児や小学生でも安心して飲める、安全なサプリメントです。また、ビーレジェンドのジュニアプロテインは厳しい基準を満たした国内の工場で、厳格な品質管理のもと製造されていますので安心して子供のために活用していただけます。

忙しい毎日の中、なかなか子供に理想の食事を食べさせ続けるのは難しいもの。子供の健やかな成長のために、無理なく不足しがちな栄養を補給できるジュニアプロテインを活用してみませんか?

  1. 子供 熱中症対策 差し入れ
PAGE TOP