プロテインと相性の悪い食べ物3つをご紹介!

¡Hola!ビーレジェンド松永です。
プロテインを飲むことで得られるベネフィットの一つに吸収スピードの速さがありますが、今回はそのメリットを損なう可能性のある、プロテインと相性の悪い食べ物を3つ紹介します。プロテインを飲んでいる方であれば相性の悪いものと一緒に摂取したくはないと思います。少しでもプロテインのメリットを最大限に享受するためにも、ぜひ参考にしてみてください!

目次

  • 脂質の多い食べ物
  • 食物繊維の多い食べ物
  • 運動後のプロテイン牛乳割
  • 最後に

脂質の多い食べ物

一つ目は脂質の多い食べ物です。
揚げ物やスナック菓子、ジャンクフードなどです。その理由ですが、プロテインを飲む際はたんぱく質の素早い消化吸収を期待しているかと思いますが、消化吸収の遅い脂質と一緒に摂るとその働きが弱まってしまう恐れがあるためです。プロテインと一緒に食べるものとしては消化吸収の早い糖質を摂ると素早いリカバリーに効果的かと思います。

食物繊維の多い食べ物

二つ目は食物繊維の多い食べ物です。
水溶性の食物繊維というのは水分を吸って膨らむ性質があります。これも、脂質の例と同じで消化吸収を緩やかにしてしまうため、プロテインとの同時の摂取はおすすめしておりません。野菜や果物、穀物などはプロテインとは避けて摂取するようにしましょう。

運動後のプロテインの牛乳割

最後は運動後のプロテインの牛乳割です。
これは一つ目の脂質と関係がありますが、牛乳にも脂質が含まれていたり、カゼインという消化吸収の遅いたんぱく質が含まれていたりします。そのため運動後の素早いリカバリーを期待する際には水や100%果汁のジュースで割って飲むと良いでしょう。特に100%果汁ジュースは糖質が多く含まれており、糖質とたんぱく質は素早いリカバリーという点で非常に相性が良いです。実際、トレーニング直後には糖質:たんぱく質=3:1の割合が良いと言われております。ぜひ摂りいれてみてはいかがでしょうか。

最後に

いかがだったでしょうか。今回はプロテインと相性の悪い食べ物を紹介しました。プロテインを活用する際以外はこれらの食べ物は問題ありません。特に運動後のプロテイン活用という点では、今回のお話を念頭に置いていただければと思います。

では、¡Adios!

  1. ラグビー 練習 
  2. リーンゲインズ たんぱく質 摂取量
  3. 汗 運動 脂肪
  4. ビーレジェンド RICE PEACE&LOVE 応急処置
PAGE TOP