意外と知らないクレアチンの効果と摂取方法をボディビルチャンピオンが解説



クレアチンってどんな効果があるの?

どんな摂り方をしたら効果的なの?

今回はそんなあなたの疑問にお答えします。

トレーニーやアスリートにとってプロテインの次に人気といってもよいくらい知名度の高い成分であるクレアチン。

トレーニングや練習前には欠かさず摂っているという方も多いのではないでしょうか?

しかしその人気とは裏腹になぜどのような効果が期待できるのか理解して使っている方が少ないのも事実。

そこで今回はクレアチンの効果やおすすめの摂取量、摂取タイミングについて解説します。

クレアチンの効果

  • 筋力アップ

クレアチン 効果 筋力アップ

特に8回以下で行うような高重量のトレーニングや100m走のような瞬発的な動作で力を発揮しやすいといわれています。

運動の際は糖質や脂質がエネルギーとなるイメージが強いですが、こういった短時間、高強度の運動ではクレアチンを分解してエネルギーを作り出すのです。

そのためクレアチンを摂って身体に蓄えておくことで、ハードな運動の際にエネルギーが十分に供給でき、パフォーマンス向上につながるといわれています。

クレアチンの摂取タイミング

クレアチン 摂取タイミング

トレーニング前~後の摂取しやすいタイミングで摂っていただくのをおすすめしています。

クレアチンといえば運動前(プレワークアウト)に摂るものだというイメージを持っている方が多いですが、運動中や運動後に摂って使ったエネルギーを補充するという摂取方法も非常に効果的なので、ご自身の一番摂りやすいタイミングを考えていただければと思います。

またクレアチンは糖質と一緒に摂取すると吸収効率が高まるため、ビーレジェンド マルトデキストリンやスポーツ&リカバリーと一緒に摂取していただくとより一層効果を体感しやすいです。

トレーニングのない日は炭水化物を含んだ食事の後に摂るのがおすすめです。

クレアチンの摂取量

クレアチン 摂取量

1日5gを毎日摂取していただくのがおすすめです。

摂り始めの1-2週間は1日あたり20g程度を目安に大量摂取してクレアチンを筋肉に蓄える「クレアチンローディング」という方法が推奨されたこともありましたが、毎日5g程度摂り続けていれば十分効果を実感できますのでご安心ください。

大量摂取は下痢をするおそれがありますので注意してください。

今まであまり効果について知らずに摂っていたという方はクレアチンについて知ることでより一層効果を体感できるようになるかと思います。

いまいちどんな効果があるか分からずクレアチンを摂ったことがないという方はこれを機にぜひクレアチンを試してみてください。

ビーレジェンド クレアチン クレアピュア

ビーレジェンド クレアチンはクレアチンモノハイドレートの最高級ブランド「クレアピュア」を100%使用しています。

  1. 更年期症状 栄養 食事
  2. 夏バテ 対策 食事
PAGE TOP