ビーレジェンドに関する最新の情報を配信

コラム

【ダイエット】シナモンスパイスを摂るメリットとは?注意点も解説

ダイエットを頑張ってる皆さん、シナモンを普段の食事で摂られていますか?

「コンビニやカフェで売っているシナモンラテを買って飲むぐらいしか摂ったこと無いかも」

「パン屋さんでシナモンロールを買って食べるときぐらいしかシナモンを摂ったことが無いかも」

シナモンは塩コショウよりも比較的馴染みのないスパイスですが、シナモンはダイエットや健康づくりに非常にメリットのある食材です。

動画でも紹介しているので是非こちらもご視聴ください!




シナモンの効果とは?

まず、シナモンを摂ることによって私たちにもたらしてくれるメリットについて紹介します。

体温を上げる

身体を芯から温める代謝を上げる効果があります。

代謝を上げることで消費エネルギーを増やすことができるのでダイエット中にメリットとして働きます。

抗酸化作用

抗酸化作用とは体内の炎症を抑える働きのことを指します。

シナモンは食品の中でも比較的高い抗酸化作用を持ちます。

ダイエット目的だけでなく、病気を予防するためにもシナモンを摂ってみるのはいかがでしょうか?

インスリンの抵抗性を下げる

「インスリンの抵抗性」とはインスリンの効き具合のことを意味します。

インスリンは糖質摂取によって上昇した血糖値を下げて体脂肪に変換するホルモンです。

しかし、シナモンを摂ることで血糖値が下げられるので、インスリンの分泌が抑制されます。

このようにダイエットをしている方にはサポートとなる食材であることが明らかですよね?

余分な糖質吸収を抑える

私たちの身体は摂取した糖質を余分なものは体脂肪として蓄えようとします。

シナモンを摂ると、血糖値を下げる効果があるので食事で摂った余分な糖質は身体への吸収を抑制してくれます。

過去に行われた研究として「毎日小さじ一杯(約2g)のシナモンを一定期間摂った結果、空腹時血糖値が10~29%下がった」があります。

※「英国の多民族型2型糖尿病患者におけるシナモンの糖化ヘモグロビンおよび血圧低下効果:無作為化プラセボ対照二重盲検臨床試験」より抜粋

シナモンを摂る際の注意点

シナモンを摂ることは私たちが健康的にダイエットを進めていく上でメリットになることがわかりました。

しかし、シナモンの摂取量や摂ること事態おすすめできない人がいるのでそれも兼ねて紹介していきます。

量を守る

シナモンを摂り過ぎると肝機能を低下させるリスクがあります。

シナモンの種類の一つに「カシアシナモン」があります。カシアシナモンはスーパーで売られているなど最も手に入りやすい種類のシナモンです。

このカシアシナモンには「クマリン」という成分が含まれており、このクマリンを過剰摂取すると肝臓に負担をかけてしまうことが報告されています

※ドイツ連邦リスク評価研究所 健康影響評価「シナモンの日々の多量摂取:健康リスクは排除できない」より抜粋

一日に摂るシナモンの量は小さじ一杯(約2g)と決めて、摂り過ぎないようにしましょう!

避けた方が良い人

妊娠中や生理中の女性はシナモンを摂ること事態、避けましょう。

妊婦さんがシナモンを摂ると胎児の発育に悪影響を与えてしまうリスクが報告されています。

また、生理中の女性がシナモンを摂ると体温上昇と血流促進により、ますます貧血が進んでしまうリスクが報告されています。※ドイツ連邦リスク評価研究所 健康影響評価「シナモンの日々の多量摂取:健康リスクは排除できない」より抜粋

妊娠中、生理中の方は健康を維持する上でシナモン摂取を極力避けるようにしましょう!

おすすめの摂り方

シナモンのおすすめの摂り方としては、飲み物にトッピングして摂ることをおすすめします。

コーヒーに風味付けとしてシナモンを加えてみてはいかがでしょうか?

スパイシーな香りが漂い、朝に飲むとコーヒーに含まれているカフェインとマッチして気持ちよく目覚めることができると思います。

コーヒーが苦手な方ははちみつシナモン湯を作ることをおすすめします。

作り方としては白湯にはちみつとシナモンを加えるだけです。

はちみつも抗酸化作用があるのでダイエットだけではなく、風邪予防も期待できます。

飲むタイミングとしては、はちみつシナモン湯はカフェインを含んでいないので夜リラックスしたいときをおすすめします。

また、シナモンは主に三種類あり「カシアシナモン」「セイロンシナモン」「ニッキ」があります。

最も手に入りやすいのは「カシアシナモン」ですが、毎日シナモンを摂りたい方はクマリンの量が少ない「セイロンシナモン」や「ニッキ」をできるだけ選ぶようにしましょう。

最後に

今回のブログを読んでシナモンを摂り入れてみたくなりましたか?

今回紹介したシナモンを摂るメリットとしては以下の4点があげられます。

  1. 体温を上げる
  2. 抗酸化作用
  3. インスリン抵抗性を下げる
  4. 余分な糖質吸収を抑制

しかし、生理中や妊娠中の方はシナモン摂取は避けるようにしましょう!

一日の適正摂取量を守って、日頃の食事のプラス材料としてシナモンを摂ってくださいね!

おすすめ記事▼

あなたは冷えや寝付きの悪さで悩んでいませんか?

シナモンも身体を温める作用がありますが、ストレッチをとり入れることでも身体を温め、寝付きを良くする効果があります。

簡単なストレッチ方法なので皆さんもこちらのブログ記事を読んで是非実践してみてください!

寝不足解消⑦冷え性改善と睡眠の質を向上させるストレッチ

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

驚くほど美味しいプロテイン「ビーレジェンド」 モンドセレクション最高金賞、iTQi優秀味覚賞を受賞 朝9時までのご注文は当日出荷

  1. 【ダイエット】肥満遺伝子って本当にあるの?肥満タイプやダイエット方法も解説

  2. 【プロテイン】ヴィーガンプロテインって何?他のプロテインとのちがいも解説

  3. 【腸活】気づかないうちにしている間違った腸活とは?改善方法も紹介

  4. 【トレーニング】オメガ3脂肪酸を摂るメリットとは?

「be LEGEND」公式LINE
新規登録でクーポンGET
↓↓お得にプロテインを手に入れるにはこちら↓↓

RELATED

一緒に読んでほしい関連記事

PAGE TOP
公式ショップはコチラ
公式ショップはコチラ