【初心者向け】女性がプロテインを飲んでもいいの?


いつもビーレジェンドプロテインをご愛飲頂きありがとうございます。

今回も弊社のカスタマーサポートセンターへ多く寄せられるお客様からの質問について解説して参ります。

今回は「女性がプロテインを飲んでもいいの?」の質問について!

女性がプロテインを飲んでもいいの?


こちらについては特に問題ございません。
プロテインは牛乳や大豆を原料にしたたんぱく質を補給できるサプリメントです。
どうしてもプロテインを飲むとムキムキになってしまうというイメージは未だにありますが、プロテインだけではムキムキにはなりませんのでご安心ください。

私もプロテインを飲む女性の一人ではありますが、プロテインだけで筋肉量が増えたらどんなにいいものか・・・と思うほどです。
筋肉はトレーニングと食事(サプリメント)の積み重ねでようやく手に入るものですので、プロテインはたんぱく質補給の出来るサプリメントという位置付けで取り入れてみてくださいね!

女性がプロテインを飲むメリット

女性がプロテインを飲むメリットは沢山あります!
プロテインを日々の生活に取り入れてみたいという女性は是非参考にしてみてください。

肌・髪・爪の栄養補給が出来る

たんぱく質は身体のありとあらゆる場所に存在し、それらを構成しています。
肌・髪・爪もたんぱく質が材料になっていますよ!

材料が不足していると、不調が起こりやすくなってしまいます。
そのため食事やサプリメントでたんぱく質を十分に摂ることが大切です。
プロテインは手軽にたんぱく質を摂ることが出来るのでとても便利なサプリメントです。

たんぱく質が不足すると身体に起こる8つのサイン【ビーレジェンド プロテイン】

ダイエット中の強い味方になる

ダイエット中に甘いお菓子を食べたくなったことはありませんか?
そんな時はプロテインを間食に摂るのがおすすめ!
ビーレジェンドはお菓子のように甘いフレーバーのものも種類豊富に取り揃えているので、おやつ代わりに飲んでも満足感があります。
お菓子に比べて糖質・脂質が抑えられていて、エネルギーもお菓子よりも高くはありません。
たんぱく質の20g以上配合しているので、空腹が満たされるだけでなく栄養補給も一緒にできるので一石二鳥です。

ダイエット中のプロテインの活用方法はコチラの動画で詳しく解説しています。

【管理栄養士推奨】健康的に痩せる!正しいプロテインダイエットの方法【ビーレジェンド プロテイン】

食事バランスが整いやすい

お仕事、家事や育児で忙しくしていると食事を用意する時間がなくなり、食事を抜いてしまうことはありませんか?
特に朝食は一番欠食をしやすいタイミング。
朝食を抜くと一日の始まりに必要な栄養素が足りていない状態で身体を動かすことになり、「頭がぼーっとする」、「身体がだるく感じる」といった不調が出やすくなります。

また、就寝中は食事を摂ることが出来ないので起床後は栄養が枯渇した状態です。
けれども栄養バランスの整った食事を用意する時間を朝はなかなか確保できにくいですよね。

そんな時、プロテインがあればとっても便利!
トーストとサラダだけしか用意できなかった場合もプロテインを1杯プラスするとたんぱく質を20g摂ることが出来、栄養バランスが整いやすくなります。
忙しい女性にこそ、プロテインは特に活用していただきたいサプリメントです。

第26回 「栄養と運動の関係について」【ビーレジェンド鍵谷TV】

女性がプロテインを飲むときの注意点

妊娠・授乳中はかかりつけ医にご相談を

ビーレジェンドプロテインはたんぱく質の補給を目的とした、牛乳を原料に作られた「サプリメント」です。
基本的には問題ないと考えられますが、妊娠中、授乳中においては様々な体調の変化がある可能性があるため、使用につきましてはかかりつけの医師にご相談の上ご活用いただくようお願い致します。

まとめ

女性がプロテインを摂るメリットは次の3つ
・肌・髪・爪の栄養補給が出来る
・ダイエット中の強い味方になる
・食事バランスが整いやすい

妊娠・授乳中は医師に相談してからご活用ください。

いかがでしたでしょうか。
是非、女性の方も日々の栄養補給にプロテインを活用してくださいね!

ビーレジェンドは女性に人気な可愛らしいパッケージのプロテインも豊富ですので是非チェック!

ビーレジェンド プロテインミルキー風味

ビーレジェンド プロテイン ミルキーココア風味

こちらのプロテインもチーズタルトの風味が再現され、スイーツのようにお召し上がりいただけます!

 

  1. ビーレジェンド プロテイン ひげセンセ 筋肉教養講座
  2. ビーレジェンド プロテイン 運動単位 サイズの原則 負荷
  3. ビーレジェンド プロテイン 過剰摂取 安全性
  4. 筋トレ 休む 怖い
PAGE TOP