ビーレジェンドに関する最新の情報を配信

ビーレジェンド通信

ひげセンセの筋肉教養講座ー第10回

ビーレジェンド商品に同梱される【リアスタ通信】に連載されており、初心者から上級者まで大人気の「ひげセンセの筋肉教養講座」のバックナンバーを掲載!外科医でありながらコンテスト優勝経験もある浅見先生の記事は勉強になること間違いなし!

ぜひビーレジェンドをご購入いただき、最新の記事をご覧ください!

脚は下肢とも言う。背骨を持つ生き物は胴体から4本の突起を持つ。その突起を「どう使うか」はその生き物の自由。4つとも移動するために選ぶと「四つ足」に、さらにもっと早く走るために指で「立ち」、それを何本の指で立つ(偶蹄、奇蹄類)のかなど、たくさんの選択肢を持つ。僕たちヒトは、上肢は腕として自由を、下肢は地面を支える脚として強度を主役に選択した。四つ足動物は大腿と胴体(骨盤)が近いのに僕たちヒトは胴体から離しているのも興味深い。今回は骨盤から膝まで流線型の美しいカーブを描く力強い大腿部について語ろう。

腕と脚の違いは何か

突起を「伸ばし、支え、そして動かす」ためには、骨を繋ぐ関節、関節を跨ぐ筋肉、そしてそれらを支える靭帯が必要。上肢も下肢も同じ遺伝子の発現でできて来るので、基本構造は同じ。上肢は肩甲骨という「動滑車」で胴体と繋がっており、下肢は動滑車など要らないので他の骨と合体させ骨盤として強度を優先した。骨の数は変わらないので、上肢に有る筋肉は下肢でも全て備えている。腕の力こぶは、脚ではハム、美しく逞しい「馬蹄」を造る三頭筋は、大腿四頭筋へ姿と位置を変える。肩甲骨に付着する筋肉は覚えきれないほど数が多いが、それだけの種類は当然下肢にも「備わっている」。上肢のように360度自由に動けないが、股関節を中心に自由は有る。ここに脚トレーニングの大切なヒントが隠されている。

いかにしゃがむか

大腿部の前面にある四頭筋は、膝関節「だけ」を跨ぐ内側、外側と中間広筋が、骨盤から股関節を跨いで「来た」直筋と巨大な靭帯(膝蓋腱靭帯)で一緒になりスネ(脛骨)に付くビジュアルに意識しやすい筋肉だ。ただ、あくまで大地を蹴る、胴体を支えるために合体した筋肉。大腿の芯である大腿骨は骨盤に対して斜めにしかも捻るような形で末端に伸びて行く。範囲は狭いがあらゆる方向に「太もも」は動く。内側にある内転筋群、もっと深い場所にある閉鎖筋群や双子筋群、そして梨状筋などは、決して一個一個の動きやパンプアップなど感じることができないが、太くて逞しい。それらを総動員することで大腿部は深い場所から「膨れる」。

色々な歩幅、足先や膝の向きを変えながら、「上手く」しゃがむ。しゃがむスピードも変えてみる。リズミカルでも良し、ネガティブ重視でも良し。ウエイトには最初は拘らない、でも後で必ず拘る。骨盤の位置も意識してみる。骨盤の中心にある腰椎と大腿骨を結ぶ腸腰筋を緊張させる。大臀筋とそれに続く筋膜張筋に「譲った」ため、太さはないが長さと背骨との「コラボ」で「レバレッジ」効果をもたらす後面のハムストリング。これも個別に鍛えることに拘ってはいけない。膝は曲げるのではなく「曲がる」。伸ばすのではなく伸びる。レッグエクステンションやカールは膝中心の動きになってはいけない。バーベルスクワットが上手くできないならば、たくさんの種類のレッグプレスマシンで、大腿部、特に股関節側に「ウエイトを乗っける」学習をすること。筋腹は股関節側に寄っている。プレス動作こそが主役。足を決め、骨盤を、腰を決める。それから丁寧に胴体下部(骨盤)と大腿部を近づけて行く。目に見える筋肉はピクピク動かしやすいし充血も感じやすい。

進化的に古い筋肉は短くそして深い場所にある。でも退化しないのは理由がある。無駄なものはない。筋肉は奴隷である。全ての骨格筋には「平等に」神経というインフラが標準装備されている。目をかけ丁寧に指令を与え続けると必ず応えてくれる。そして、ここと思える場所が「効く」と嬉しい。嬉しいとどんどんそこを責めることができる。もっと重いウエイトで感じることも可能となる。丁寧に強度の高いトレーニングで創り上げた脚は、360度どこから見ても高い密度の安定感を醸し出す。

ビーレジェンド プロテイン ひげセンセ

浅見先生がおすすめするプロテインの購入はこちら

筆者 プロフィール 

ビーレジェンド プロテイン ひげセンセ

浅見尚規(あさみなおき) 昭和32年生まれ 

宮崎市在住

経歴:昭和57年宮崎大学(旧宮崎医科大学)医学部卒業 

専門分野 脳脊椎脊髄外科

昭和57年からボデイビルを始める。ミスター東九州、ミスター広島(いずれもNBBF)優勝、NGAマスターズ優勝(USA)のタイトル 41歳で競技引退

平成25年まで某ボデイビル月刊誌にて連載 筋トレセミナーを各地にて開催

その他、三輪書店、メディカルビュー社から外科手術用教科書執筆(共著)

趣味:ボデイビルトレーニング、筋トレマシン収集、読書、ピアノ

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

驚くほど美味しいプロテイン「ビーレジェンド」 モンドセレクション最高金賞、iTQi優秀味覚賞を受賞 朝9時までのご注文は当日出荷

  1. 【ダイエット】肥満遺伝子って本当にあるの?肥満タイプやダイエット方法も解説

  2. 【プロテイン】ヴィーガンプロテインって何?他のプロテインとのちがいも解説

  3. 【腸活】気づかないうちにしている間違った腸活とは?改善方法も紹介

  4. 【トレーニング】オメガ3脂肪酸を摂るメリットとは?

「be LEGEND」公式LINE
新規登録でクーポンGET
↓↓お得にプロテインを手に入れるにはこちら↓↓

RELATED

一緒に読んでほしい関連記事

PAGE TOP
公式ショップはコチラ
公式ショップはコチラ