質の良い睡眠にはたんぱく質が必要

睡眠の質を高めたい

最近嗣明の質が落ちているかも…

今回はそんなあなたに、睡眠とたんぱく質の関係を解説していきます。

ビーレジェンド プロテイン

栄養補給におすすめなプロテインの購入はこちら

睡眠に必要なホルモンの材料はたんぱく質

ビーレジェンド たんぱく質 睡眠 質 トリプトファン

人間が眠る際には、副交感神経を活性化させ身体をリラックス状態にするため【セロトニン】や【メラトニン】といったホルモンを分泌します。

これらのホルモンは必須アミノ酸の【トリプトファン】が原料となります。

必須アミノ酸は体内で合成できず食事から摂取しなければならないため、積極的にたんぱく質を摂取することで体内で必要なセロトニンやメラトニンをスムーズに作り出すことができ、質の良い睡眠に効果的です。

運動する、しないに関わらず、スポーツや筋トレに励む方であれば、たとえ趣味レベルであったとしても体重(kg)×2gを目標に、また、健康維持や美容目的の方は体重(kg)×1~1.5gを目標にしっかりとたんぱく質を摂るのが良質な睡眠のために効果的です。

トレーニング中や試合中などはBCAAでセロトニンの活動を抑えるのが効果的

逆に、トレーニング中や試合中など、身体が興奮状態にあり交感神経を活性化させたいときにセロトニンが働くと精神的な疲労感の原因となってしまいます。

このような場合、セロトニンの働きを抑える効果があり疲労感の軽減に役立つBCAAを摂るとパフォーマンスの維持に効果的です。

運動中におすすめのBCAAドリンク【SUPER AMINO FLOWSION ふるふるフルーツパンチ風味】の購入はこちら

【SUPER AMINO FLOWSION もう1レップ!グレープ風味】の購入はこちら

【SUPER AMINO FLOWSION 俺の名をいってみろ!!風味】の購入はこちら

就寝前のBCAAは睡眠の質低下の恐れも

就寝前にBCAAを摂ってしまうと本来睡眠時に働くはずのセロトニンを阻害してしまう恐れがあります。

そのため、質の良い睡眠を考えるのであれば夜のトレーニングでBCAAを15g以上摂取するのは控えた方がよいかもしれません。

まとめ

  • 人間が眠る際に働く【セロトニン】【メラトニン】は必須アミノ酸のひとつ【トリプトファン】が原料
  • 食事からしか補給できないトリプトファンを補うため、スポーツや筋トレを行ている方は体重(kg)×2gを目標に、また、健康維持や美容目的の方は体重(kg)×1~1.5gを目標にたんぱく質を摂るのがおすすめ
  • トレーニング中や試合中など、身体が興奮状態にあり交感神経を活性化させたいときはセロトニンの働きを抑える効果があり疲労感の軽減に役立つBCAAを摂るのがおすすめ
  • 夜のトレーニングでBCAAを15g以上摂取するのは控えた方がよい

睡眠はトレーニングで傷ついた身体を修復し成長させるために一番大切な要素です。

睡眠の質を高めてより効率よく成果をあげたい方はぜひ参考にしてください。

  1. ビーレジェンド プロテイン 腕 上腕二頭筋 上腕筋 ハンマーカール
  2. ビーレジェンド EAA
  3. エアロバイク
PAGE TOP