筋トレ初心者におすすめなシューズ3選



筋トレする時はどんなシューズを履いたらいいか分からない…そんなあなたにおすすめのシューズを3種類紹介します。

トレーニングを快適に効率よくする道具はいくつかありますが、中でも一番重要なものはトレーニングシューズです。

運動靴やランニングシューズなら何でもよいのでは?と考えている方も多いと思いますが、シューズの種類によっては筋トレには向かないものもあるため注意が必要です。

そこで今回は、トレーニングシューズに必要な特徴と、おすすめのシューズを3種類紹介します。

ランニングシューズは筋トレには不向き

「有酸素運動もするし、運動には最適そうだから」とジムでランニングシューズを履いている方も多いのではないでしょうか。

確かに走ったり歩いたりするには最適なランニングシューズですが、快適に走るための特徴が筋トレにとってはマイナスに働いてしまうのです。

ランニングシューズには膝や腰への衝撃を和らげるため、ショック吸収性の高い厚い靴底(ソール)が使われています。

安定した姿勢で踏ん張る必要のある筋トレにおいて、この厚いソールが足元の安定性を損なってしまいケガの原因となるのです。

そのため、面倒でも筋トレをする場合はトレーニングに向いたシューズを履くのがおすすめです。

トレーニングシューズに必要な機能とは

機能①:滑らない

あらゆる運動に共通することですが、安定して強い力を発揮するためにはシューズの高いグリップ力が必要です。

特にスクワットやデッドリフト、ベンチプレスといった種目ではトレーニング中に足が滑ると大ケガにつながる恐れがあるのでグリップは非常に重要です。

機能②:ソールが薄い

ジャンプしたり走ったりする機会が少なく、着地による衝撃を考慮する必要のない筋トレにはソールの薄いシューズが向いています。

安定性はもちろん、足指の微妙な感覚を感じ取りやすくなるため安全性だけでなくトレーニングの効率も上がります。

機能③:ソールが平ら

ランニングシューズは、前に進む力を補助するために踵からつま先まで傾斜(ドロップ)がついているものが多いです。

ドロップのあるシューズだと筋トレの際に重心がブレやすくなってしまうため、ドロップのない平らなシューズがトレーニングに向いています。

必要な機能を全て備えたおすすめシューズとは

ここまで解説したように、筋トレにはランニングシューズとは違った性能が求められます。

これらの性能を全て兼ね備えた、おすすめのシューズを3種類紹介します。

①トレーニング専用シューズ

初心者 トレーニングシューズ おすすめ

筋トレが多くの方に広まっている現在では、トレーニング専用に開発されたシューズが存在します。

専用に開発されているだけあり、グリップ力はもちろん薄くて平らなソールを採用しており、激しいトレーニングにも耐える頑丈さもあります。

ただし、8000円~とトレーニングシューズの中では高価でデザインのバリエーションも少ないものが多く、コストパフォーマンスやデザインにこだわりたい方には不向きかもしれません。

②足袋靴

初心者 トレーニングシューズ おすすめ

コストパフォーマンスを第一に考える方にとっては作業着屋で売っている足袋靴がおすすめです。

グリップ力、薄さともに専用シューズに劣らない平らなソールを備えており、安いものでは1000円を切るものもあります。

実際に、競技に出場するほどの上級者でも数百円の足袋靴でトレーニングしているということは珍しくありません。

安いため気軽に洗ったり交換したりできるのも、清潔さを重視する方にとっては嬉しいポイントです。

「トレーニングシューズを買いたいけど自分に合うかどうか分からない」という方は足袋靴を最初に試すのもよいでしょう。

③屋内用フットサルシューズ

初心者 トレーニングシューズ おすすめ

意外かもしれませんが、屋内用のフットサルシューズも実は筋トレにおすすめです。

激しい動きのフットサルに対応しているため当然グリップ力は問題ありませんし、ソールも薄く平らな作りとなっています。

価格は3000~5000円程度とトレーニング専用シューズよりも安く、スポーツ量販店で購入できるため気軽に試着・購入ができます。

さらに、トレーニング専用シューズや足袋靴に比べてデザインの種類が豊富なため、おしゃれな靴でトレーニングしたい方にもおすすめです。

次点:スニーカー

初心者 トレーニングシューズ おすすめ

これらの3種類には少し機能性は劣るものの、スニーカーの中にもトレーニング向きのものがあります。

おすすめの3種類に比べるとソールは厚いのですが頑丈で平らなため、ファッション性を最優先に考えたい方や、トレーニングシューズを買うほどでもないけど古いスニーカーなら持っている方はスニーカーでトレーニングするのもよいかもしれません。

まとめ

  • トレーニングシューズは、①滑らない②ソールが薄い③ソールが平らという3つの特徴を備えている必要がある
  • トレーニング専用シューズは快適に筋トレできるものの価格が高め
  • 足袋靴はコストパフォーマンスが非常に良い
  • 屋内用フットサルシューズはデザインが豊富で気軽に購入できる
  • 次点でスニーカーでトレーニングするのもOK

お気に入りの靴でトレーニングすると気分も上がりますし、筋トレ向きのシューズを履くことでトレーニング効率が大きく上がります。この記事を参考にぜひシューズを見直してみてください。

  1. トレーニング 記録 おすすめ
  2. リーンゲインズ トレーニング 初級編 自宅トレーニング
  3. ボディメイク 夕食 プロテイン 夜ごはん
  4. 筋肉痛 ない 大丈夫
  5. トレーニング メニュー 週4日 上半身
PAGE TOP
公式ショップはコチラ
公式ショップはコチラ